私と一緒に働いてくれる方募集しています。いろいろな事に挑戦し楽しみませんか?

宮城県東松島市【外壁塗装】CO様邸 25.5日目と26日目 破風交換・ケレンなど

この記事の所要時間: 158

この日のお天気予報は夕方から雨。

朝から、天気も良さそうなので普通に作業開始!


朝一、玄関上のトタン屋根の下塗り(錆び止め)塗装。
使用した錆び止めは、関西ペイントの弱溶剤2液形のスーパーザウルスⅡです。


今回、破風(トタン/亜鉛めっき鋼板)は交換なので、板金屋さんが破風を撤去。


錆び止め完了後、塩ビパイプの上塗り。
使用した塗料は水切りと同じ弱溶剤2液形フッ素樹脂塗料/セミフロンマイルド2です。
付着性を向上させる「目荒らし」は塗装前に行っています。


塩ビパイプを押さえるサドルも塗装。


次に笠木 上塗り1回目塗装。
ここも弱溶剤2液形フッ素樹脂塗料です。
 

天気が怪しくなり、ヤバいなぁ~と思っていたら
予報より雨が早く降ってきました。(>_<)

笠木の部分だけ心配でしたが、軒が広く雨も強くないので大丈夫でした。
この日の作業は午前中で終了。

目次

CO様邸 屋根塗装 26日目 ケレン作業/目荒らし


雨は翌日の朝方でパラパラと降っていたので、午後から作業開始。
暴風警報は出てませんが、風が強く当たる部分のメッシュシートを外し


暴風対策完了。


まずは下り棟などサンダーが入らないところを手でケレン/目荒らし。
基本的にトタン屋根の下地処理は 水洗い でOKではなく
ケレン/目荒らしを行います。


サンダー(エヌグリット)でもケレンされると思いますけど念のため、
折り曲げ部分も手でケレンを行いました。


トタン屋根は横葺きなので、上下の重なり部分(ハゼ)があって、
非常にケレンしにくい部分です。

ここを高圧洗浄で水洗いできれば簡単に終わるんですが、
雨漏り診断士の私としては、ハゼ部分をガッツリ洗うのは怖くてできません。
と言うより、普通に考えたらできません(笑)

板金屋さんにもハゼ部分の洗浄のことを伺うと、
ここを高圧洗浄で洗うのは危険(雨漏り)だな~。という返答でした。

なので、


エヌグリット ハゼVerで、汚れを除去。
ちなみにこのハゼVerは受注生産で、宮城県でこれ持ってるの当店だけじゃないかな?

ただ・・・・受注生産のため、ハゼVerは高い(^_^;)


ササササ~~~とケレンをすると、簡単に汚れを除去できます。

ハゼの隙間によっては、普通のエヌグリットでも汚れを除去できます。


ケレン作業をしていると、突然 雨が・・・orz
 
雨は勘弁してくれ~~(>_<)

昨日の雨とこの日の雨でベランダの床(FRP)は再脱脂確定となりました。orz

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次