宮城県東松島市 HK様邸  軒天塗装 軒樋撤去など


昨日の続きで、2階南面 軒天塗装開始!(上塗り1回目)


窓はビニールで養生していないので、窓・手すりなどを養生。
塗装後、ビニールは撤去します。


軒天/上塗り1回目完了。


ベランダ下の軒天/上塗り2回目完了後、
ガムテープで下塗り塗料の付着性テストを行いました。


ガムテープをグリグリ押して、力強く剥しました。
簡易的な付着性テストですが、2ヶ所とも合格でした。

他にも試し塗りした部分があるので、明日、付着性テストを予定です。


2階南面 上塗り2回目も完了しました。
これで軒天はすべて完了しました。


軒天の塗装完了後、板金屋さんが到着。
予定通り、軒樋の撤去を行いました。


軒樋のジョイントが廃盤になっていなかったので、
ベランダの軒樋は切断しました。


軒樋の裏側は藻・汚れが蓄積されていたので、
もしかして、錆びているんじゃないかなと思ってましたが、
藻や汚れの下は錆びていないような感じでした。(まだすべて確認はしていません)


1階の北側も藻や汚れなどが蓄積されてました。


北部地震(宮城県/2003年)の頃から、トタンは亜鉛めっき鋼板からガルバリウム鋼板へ
変わり、錆びにくくなったと言われてますが、雨が当たりづらい部分は錆びていました。


黒い部分は汚れが蓄積されていて


若干 錆びていました。


広小舞の部分はワイヤーブラシにペーパーをからめて
松居棒みたくケレン。


あまり綺麗に汚れが除去できないので、シンナーで汚れを除去。


これでスッキリ(^^)


トタン屋根の唐草の水切りに藻が詰まっているので、


ペーパーで除去。


ケレン(下地処理)後、ブロワーで清掃。


1階北側はかなり汚れていました。


ケレン中


ケレン後。


金具はステンレス/sus304ですが、


釘は磁石に反応するので、釘周辺の金具も塗装します。


それと、板金屋さんにでんでんも設置して頂きました。


撤去したでんでんは、こんな感じで錆びていました。
本気で錆を落として→錆止め→上塗り2回塗装しても錆びやすいので
当店では交換をお勧めしています。(お見積りは交換です)


明日も破風/鼻隠しのケレン(下地処理)を行います。

 

< 6月4日の作業内容     

        6月6日の作業内  >

ページ上部へ戻る