宮城県東松島市 HK様邸 雪止め撤去・屋根水洗い


今日は雪止め撤去・トタン屋根の水洗いを行いました。
雪止めを撤去する前にコーキングの撤去・充填の妨げになった「飾り」などを撤去したままなので、
ビスの穴をコーキングで埋めました。


丸い穴がビス穴で


コーキングを充填して


2周り小さいビスを差しておきました。
外壁塗装する時、このビスを撤去します。


塩ビパイプのビス穴も同じように埋めました。


コンセントも復旧。


笠木の穴は、とりあえずテープを貼って雨水・水洗いの水が入らないようにしました。


次に雪止め撤去。


雪止めは細部まで錆びているので、下地処理(ケレン)も難しく錆びやすいので
当店では塗装ではなく交換をお勧めしています。
(お見積りは交換です)


インパクトドライバーを使い雪止めを撤去します。


雪止め撤去後。


雪止めは裏側も錆びていました。
この裏側は撤去しないと塗装できない部分なので、
仮に塗装しても、早期に錆汁が流れ美観を損ねてしまいます。


1階の屋根も同じように


雪止めを撤去。


雪止め撤去。


次にトタン屋根の棟の釘の打ち直しと抜けやすい釘はビスに交換しました。
新築時、釘を打ち損ねた穴が15ヶ所ぐらい空いたままでした。


ビスに交換。穴はエポキシパテを埋めました。


棟の重なり部分にコーキングを充填されていなかったので、
黒いコーキングを充填。

パパテやコーキング処理した部分を除き水洗いを行いました。
北側の狭い部分に藻・苔が発生していたので、


硬くなった刷毛を擦り、藻・苔を除去。


換気口は高圧洗浄で水洗いをできないので刷毛で洗いました。


高圧洗浄で水洗いできない部分の水洗いが終わったので、
高圧洗浄機を段取り、水洗いを行いました。

黒くなっている部分が水洗い後です。


ひたすら洗い、水洗い後です。


1階の屋根も水洗い完了。


雪止めと接触する部分も錆びていました。
やっぱり雪止め撤去して良かったです。(^^)

仮に雪止めを撤去せず、
塗装していたら10~15年後は醜く錆びていると思います。

明日というか、今日は一日水洗いを行う予定です。

 

 

 

ページ上部へ戻る