宮城県石巻市トタン屋根塗装/唐草ケレン→錆び止め塗装


予想通り、夜露が落ちていたため、


霧除けのケレンから始めました。
下地処理は屋根と同じようにエヌグリットでケレン(目荒らし)を行いました。


外壁の塗料が霧除けに付いていたので、できる限り除去。


次に唐草をブラシやケンマロンを使ってケレン。


唐草の釘が出ていたので、叩き直しました。


夜露が乾いたので、降り曲り部分をケレン。


前回の塗膜が大きく剥がれているのを見つけ、


裏側を見ると砂だらけでした。(^_^;)


ケレンが終わったので、清掃。


ざっくり、これぐらい汚れを除去しました。
これでケレン・清掃が終わったので、


錆び止めを調合。


刷毛塗りをしながら、既存の塗膜と錆び止めの付着性を確認してみました。


ガムテープを貼りおもいっきり剥す簡易的な付着性テストを行い良好でした。


16時ごろから、唐草に錆び止めを塗装。


屋根の刷毛塗りは東面は完了しましたが、
南・北面が半分ぐらい残りましたので、明日はこの続きを行なう予定です。


17時のトタン屋根塗装の表面温度は8℃と
一気に冷え込みます。(>_<)

天気や気温・風などによって異なりますが、
やっぱり14時~14時半頃までしか塗装できないように感じます。

 

< 10月24日の作業内容    

       10月26日の作業内  >


WA様邸トタン屋根塗装TOPページへ

 

ページ上部へ戻る