宮城県東松島市 HK様邸 外壁塗装 養生撤去・格子復旧→トタン屋根(ケレン)


養生を撤去する前にベランダの格子と南面の飾りを復旧しました。


格子は藻や汚れが付着していたため


除去しました。


飾りも除去しましたが、油汚れ?っぽい部分があったので、
後日、弱いシンナーで拭いてみたいと思います。


格子 復旧(2ヶ所)


飾りも復旧。


笠木の穴は、このアルミで塞ごうかなと思ってます。
(笠木もアルミなので)


こんな感じになる予定です。
雨樋や破風で塗装した色に塗ってから塞ぎます。


昨日の続きの養生を撤去。


養生撤去後、トタン屋根のケレン(下地処理)を行いました。
棟換気は磁石が付くので、おそらくガルバリウム鋼板か亜鉛めっき鋼板です。
で、この穴なんですが、おそらくビスで留めるために
最初から空いている穴だと思うんですけど、相手がいないため
このまま状態になってます。

この部分に穴が空いていても、雨漏りとかは関係ないので
このままの状態で塗装します。


トタン屋根は横葺きで、(こっちではAT式とも呼ばれています)
上下の重なり部分に


苔や藻が付着しているので、


当店 受注生産のエヌグリット/ハゼVerで除去します。
受注生産のため、このハゼVerは高いです。(^_^;)


トタン屋根の上下の重なり部分にエヌグリットを入れてケレンします。
画像をクリックして頂くと、動画をご覧いただけますが
一切編集していないので、グダグダ動画です。(^_^;)

あとから、しっかりまとめてUPします。


除去後。


棟換気の羽は


ケンマロンでケレンしました。


棟換気もケンマロンやハゼVerでケレンをおこないました。


ケレン前とケレン後です。


棟換気/ケレン前後


ケレン後、風の出る機械/ブロワーでケレンカスを除去。


棟換気だけ錆び止めを塗装しました。
使用した錆び止め塗料は関西ペイントのスーパーザウルスⅡです。
色はグレーと白を半々に入れ→硬化剤→希釈2%で調合しました。


棟換気 錆び止め塗装完了。

明日は屋根のケレン(下地処理)→錆び止め塗装を行う予定です。

 

< 6月26日の作業内容     

        6月28日の作業内  >

 

ページ上部へ戻る