宮城県東松島市 HK様邸 外壁塗装 下塗り(シーラー)など


朝一、板金屋さんに軒樋を設置して頂きました。


軒樋を切断した部分にジョイントを設置しますが、
設置する前にケンマロン(不織布のペーパー)で目荒らし。
これで塗膜の付着性が向上します。


新しい部材は油分が付いているため
強いシンナーで脱脂。


設置するジョイントは外側と内側 2つあり、最初に外側のジョイントを設置してから


内側にもう一つ設置し完了します。
内側にもジョイントを設置することで、歪まなくなります。
 

軒樋設置後、板金屋さんに「雪止めにアンテナの線(ステンレス)が留められているけど
これ大丈夫ですか?」と伺ったところ、やはりNGでした。

後日、違う場所へ留めて頂く事にしました。
(別途料金はかかりません)


昨日、清掃したコーキングを触ると、タックが弱くなっていたので、
もう一度拭きました。(空拭き)

コーキングのタックはホコリやゴミを除去すると戻りますが、
熱/摩擦熱でも、戻るのか?など、色々考えながら擦ってました(笑)


コーキングに下塗り塗装。


下塗り塗装後、BSのアンテナ付近を養生。
格子は金具やネジにシリコーンなどが充填されているので、撤去するのを諦め
このままの状態で塗装します。


離れの外壁は「直貼り」という工法で貼られているので、
不具合を少しでも軽減するために粘度の低い下塗り塗料(シーラー)で塗装しました。
 

濃くなっている部分が下塗り後です。


午前中に下塗り完了。
 
 
午後から、一昨日下塗りした外壁の「あいじゃくり」という部分に
(隙間がある部分があいじゃくりです/1~2㎜)


シャープ化学の微弾性フィラーエポCTを充填しました。


充填後、刷毛でならして


こんな感じで埋めました。


午前中 下塗りした離れのあいじゃくりも


充填しました。


ベランダの外壁は


縦と横にあいじゃくりがあり、充填しないと塗装後かなり目立つかもしれませんので、
メーター数が多い場合は、ご相談させてください。m(__)m


エアコンのカバーを外した部分もチョーキングしていたので、


タワシで清掃。


コーキングが厚く充填されていた部分は、そのまま使用しますので、


ブリードプライマーを塗装。


玄関周りも紫外線劣化が少なく、このまま使用します。


ブリードプライマー塗装後。


エアコンのカバーに塗料がのらないシリコーンシーラントが充填されていたため、


当店の実験の結果、付着が優れていたプライマーを塗布。


1階のエアコンカバー周辺にも


プライマーを塗布。

明日は南面に下塗りを塗装する予定です。

< 6月16日の作業内容     

        6月18日の作業内  >

 

 

ページ上部へ戻る