バリヤプライマー/約1年9ヶ月後

バリヤプライマー(バリアプライマー)

ブリード試験 シーリング コーキング
1年9ヶ月前
シーリング/コーキングの屋外暴露試験を作成している時、
思いつきでバリヤプライマー(バリアプライマー/ブリードオフプライマー)の
塗り板も作成し北側に向けて屋外暴露試験開始しました。

バリヤプライマー(可塑剤移行防止プライマー)の役目
ペンキ屋なら説明不要ですが、DIY向けに。
ブリード現象
バリヤプライマーの役目は
シーリング材の成分である可塑剤の移行による
塗膜の粘着・汚染を制御します。
(画像は汚染された塗膜です)

逆プライマー
可塑剤移行のメカニズム。
(画像はスズカファイン/逆プライマーのカタログから)

逆プライマー
可塑剤移行防止プライマーのメカニズム。
(画像はスズカファインの逆プライマーのカタログから)

塗装後、美観を維持したい場合は、シーリング材を
ノンブリードタイプ/NBにしますので、
ブリードタイプ(NBと記載のないシーリング)は
使わない傾向にありますが、現場ではブリードタイプで
充填されている場合があり、その上に塗装することもあるので、
今回はバリヤプライマー(可塑剤移行防止プライマー)の差を
確認する実験となります。


バリヤプライマーの差を検証

使用したシーリング材は
ブリードタイプのシーリング材2種類と
NB(ノンブリードタイプ)1種類です。

使用したバリヤプライマーは溶剤2種類・
シーリングプライマー1種類と水性1種類で、
上塗り塗膜は弱溶剤1液形アクリルシリコン樹脂塗料です。

バリヤプライマー 屋外暴露試験
B1/B2はブリードタイプのシーリング材で
NBはノンブリードタイプです。

塗膜のひび割れはB2が多く次にB1→NB。
未塗装の部分にはひび割れがないので、
やっぱりバリヤプライマーは硬く割れやすい傾向にあるようです。

バリアプライマー シーリング コーキング 
B1の拡大画像。
1年9ヶ月後の結果を確認すると、
差は現れていませんが、若干バリヤプライマーの効果はあるように感じます。
(←左側は水性 [バリヤプライマー] →右側は溶剤)

バリヤプライマー ブリード
B2の拡大画像。
こちらは差があるように感じます。
(←左側は水性 [バリヤプライマー]→右側は溶剤 )

ノンブリードタイプ バリヤプライマー
NB拡大画像。
ノンブリードタイプのシーリング/コーキングのため、
バリヤプライマー未塗装/塗装も差が無いように感じます。

フローンチップ 東日本塗料
バリヤプライマーの差を出すために
東日本塗料のフローンプラチップをかけてみます。

フローンチップ 東日本塗料
珪砂より過酷なような気もしますが、とりあえずトライ!

フローンチップ
ちょっとかけすぎた(苦笑)

フローンチップ後
塗り板を立てフローンプラチップを落とした状態です。
B1とB2にはフローンプラチップが付着してますが、
NBには、ほとんど付着していません。

B1
ブリード バリヤプライマー フローンチップ後
B1/フローンプラチップ振りかけ後。
分かりづらいですが、かなり付着しているように感じます。
(←左側は水性 [バリヤプライマー] →右側は溶剤)

ブリード バリヤプライマー フローンチップ
B1の中では、溶剤のバリヤプライマーが良さそうでした。

バリヤプライマー未塗装
茶系の塗膜はブリードしにくいかも。という水性塗料でしたが、
フローンプラチップがガッチリ付着しました。(^_^;)

B2
バリヤプライマー フローンチップ
B2/フローンプラチップ振りかけ後。
ひび割れた塗膜の周辺は汚染される傾向にあるようです。
(←左側は水性 [バリヤプライマー] →右側は溶剤)

バリヤプライマー フローンチップ
B2の中でも、溶剤のバリヤプライマーが優秀でした。

ブリード シーリング
B2茶系の水性塗料にはフローンプラチップが、
ほとんど付着していなかったので、
シーリングと塗料の相性もあるのかもしれません。

NB
ノンブリード バリヤプライマー
NBのシーリングにはフローンプラチップは、
ほとんど付着してませんでした。
さすがノンブリードタイプ!(^^)

塗膜 ひび割れ
B2の塗膜がひび割れている部分の上塗り塗膜を

塗膜除去
シンナーで除去してみると、

塗膜除去
バリヤプライマーが動いた形跡がありました。

バリヤプライマー
隣の逆プライマーは
動いた形跡が少ないようです。

塗膜 リフティング
なぜかB2の水性塗料の塗膜がトシンでリフティング。

塗膜除去
こんな感じですべての上塗りの塗膜を除去しました。

シーリング除去
B1にフローンプラチップが一番付着するようなので、
B1の上っ面をカッターで除去。

上塗り塗膜
溶剤・水性塗料などを塗装。

シーリング プライマー2回塗り
試しに1回塗りと2回塗りを作りました。
(膜厚で差が出るのか検証)

弱溶剤2液アクリルシリコン
2019年8月14日に上塗りに弱溶剤2液形アクリルシリコンを塗装し
4日間 自然乾燥させてから、試しにフローンプラチップを振りかけてみましたが、
全然付着しなかったため、半年ぐらい放置してみたいと思います。
(最近、失敗したような気もする・・・)


1年9ヶ月後の結果
ブリードタイプとノンブリードタイプの汚染
バリヤプライマー 屋外暴露試験
画像B1・B2のブリードタイプ(ノンブリード/NBと記載されていないシーリング材)
と画像NB/ノンブリードタイプに塗装し比較すると、
当たり前ですが、ブリードタイプは汚染するため、
ノンブリードタイプ/NBを充填し塗装した方が美観を維持できる。
(稀にNBタイプに塗装してもブリードする場合もあります)

可塑剤移行を防止する場合
バリヤプライマー シーリング コーキング
ブリードタイプに塗装する場合は
バリヤプライマー(バリアプライマー)を塗布した方が
美観を維持できますが、バリヤプライマーの塗膜が
ひび割れた場合は割れた部分/周辺が汚染されてしまう傾向にあるようです。

バリヤプライマーの効果の差
バリアプライマー
今回使用したバリヤプライマーは屋外暴露試験の結果だと
どの塗料も効果があるように感じます。

ただバリヤプライマー全般に言えることですが、
塗膜は硬くひび割れやすいので、
サイディングボードの目地に塗装すると
早期に割れる可能性が高く、
窓廻りでも割れる場合もあります。

フローンプラチップテスト
フローンチップ後
今回、珪砂ではなく東日本塗料のフローンプラチップをかけ
バリヤプライマー(バリアプライマー)の評価をしましたが、
このテストの結果が現場(実暴露)と繋がるかわかりません。

ただブリードタイプには付着しノンブリードタイプには、
ほとんど付着していないので、
それなりには評価できるだろうと思いたい(笑)

フローンプラチップテスト結果
バリヤプライマー フローンチップ
溶剤バリヤプライマー2種類・シーリングプライマー1種類・
水性塗料1種類の計4種類の結果は、
溶剤のバリヤプライマーが優秀で、
あとはイマイチでした。

実験には関西ペイントのシープラが無いため比較できませんが、
シープラの方が割れにくくブリードしにくいような気もするので、
シープラを購入する機会があれば、またテストしてみたいと思います。


8月14日に作成した塗り板の結果が出たら
ブログなどにUpしたいと思います。

 

 

ページ上部へ戻る